博多ラーメンの特徴はスープとトッピング


博多ラーメンの特徴はスープです。スープは基本的に豚骨スープを採用するところが増えています。豚骨スープは豚骨を煮込んで出汁をとり、その出汁を利用してスープを作ります。時間をかけて出汁を取ることで豚骨からゼラチンを出汁に取り入れることができるので、とろみがあるスープに仕上げることができます。豚骨スープは濃厚なので、お店によっては脂っこいようにしないために工夫をして芳醇に仕上げるところもあり、男性だけでなく女性でも飲みやすいスープを提供してくれる店舗は多いと言われています。

その他の博多ラーメンの特徴として挙げられるのがトッピングです。ラーメンには種類に関わらずトッピングが提供されます。特に博多ラーメンで有名なトッピングとして挙げられるのが紅しょうがです。一般的に紅しょうがを醤油ラーメンなどにトッピングする機会は少なく、博多ラーメンの特徴になります。紅しょうがは無料で提供してくれる店舗もあるので、取り入れやすいトッピングです。

博多ラーメンには替え玉があると先ほど申し上げましたが、替え玉のタイミングで他の味を楽しむためにトッピングを追加する人もいます。紅しょうがだけでなく、にんにくを追加したり、ネギを多くトッピングしたりする人もいて、様々な楽しみ方があります。