博多ラーメンの特徴はスープとトッピング

博多ラーメンの特徴はスープです。スープは基本的に豚骨スープを採用するところが増えています。豚骨スープは豚骨を煮込んで出汁をとり、その出汁を利用してスープを作ります。時間をかけて出汁を取ることで豚骨からゼラチンを出汁に取り入れることができるので、とろみがあるスープに仕上げることができます。豚骨スープは濃厚なので、お店によっては脂っこいようにしないために工夫をして芳醇に仕上げるところもあり、男性だけでなく女性でも飲みやすいスープを提供してくれる店舗は多いと言われています。

その他の博多ラーメンの特徴として挙げられるのがトッピングです。ラーメンには種類に関わらずトッピングが提供されます。特に博多ラーメンで有名なトッピングとして挙げられるのが紅しょうがです。一般的に紅しょうがを醤油ラーメンなどにトッピングする機会は少なく、博多ラーメンの特徴になります。紅しょうがは無料で提供してくれる店舗もあるので、取り入れやすいトッピングです。

博多ラーメンには替え玉があると先ほど申し上げましたが、替え玉のタイミングで他の味を楽しむためにトッピングを追加する人もいます。紅しょうがだけでなく、にんにくを追加したり、ネギを多くトッピングしたりする人もいて、様々な楽しみ方があります。

博多ラーメンの特徴は極細麺

博多ラーメンの特徴の一つとして挙げられるのが極細麺であるということです。極細麺は一般的な麺よりも細い麺のことです。実際に博多ラーメン以外のラーメンにも使用されることがありますが、特にとんこつラーメンに採用されることが多い麺のタイプです。通常の麺に比べて細いため食べやすいと感じる人が多いので、女性の中には細麺が好みの人も少なくありません。

しかし、極細麺は通常の麺よりも伸びやすいので注意が必要です。そのため、大盛りという注文の仕方を採用しない店舗もあります。その理由は大盛りで提供すれば食べきる前に麺が伸びてしまう危険性があるからです。

博多ラーメンを提供するお店では、麺が伸びてしまわないように替え玉という形でボリュームを提供するところが多いです。替え玉とは初めに注文した博多ラーメンの麺を食べ終えたら更にその器に麺だけを追加するというシステムです。替え玉には当然その分の費用がかかりますが、麺が伸びてしまうことなく、美味しく食べきることで満腹感を得られる可能性があります。

お店によっても異なりますが、麺の硬さを選ぶことができる店舗もあります。例えば好みに合わせて硬めのものを選択することができたり、博多ラーメンの麺を柔らかめで提供してくれるラーメン店もあります。

参照リンク⇒博多ラーメン鶴亀堂~愛知県・名古屋のとんこつラーメン

博多ラーメンの特徴について知ろう

日本ではグルメを楽しむ人が多くいますので、日頃から様々な飲食店などに足を運び食事を堪能する人も多いでしょう。日本で食べることができる料理は幅広いですが、ラーメン店に足を運ぶ人も少なくありません。店舗によって扱うメニューに違いがありますが、ラーメン店では主にラーメンやチャーハン、餃子などを提供しています。

また、それぞれの店舗で扱う種類のラーメンのタイプも異なります。日本で食べられるラーメンには醤油ラーメンなどの多くの人に親しまれているラーメンだけでなく台湾ラーメンや博多ラーメンなど様々な味のラーメンがあります。

田舎や地方に限らずラーメンを提供してくれるお店は複数ありますが、特に日本の主要都市ではラーメン激戦区があるところも存在しており、その地域で異なった味、特徴あるラーメンを食べられる可能性があります。実際に美味しいラーメンを楽しむために自分が住んでいる地域よりも離れた場所まで足を運んだ経験がある人もいるでしょう。実際に店舗の中にはオリジナリティを取り入れてラーメンを提供しているところもあり、他のラーメン店では食べられない味を堪能することができます。

日本のラーメン店では醤油ラーメンなどを扱うお店もありますが、中には博多ラーメンを提供するところもあります。博多ラーメンは日本の福岡県で発祥したラーメンのことで、他のラーメンと異なるいくつかの特徴があります。今まで博多ラーメンを食べたことがない人の中にはどのような特徴があるのか知りたい人もいるでしょう。今回は博多ラーメンの特徴について紹介します。