博多ラーメンの特徴は極細麺

博多ラーメンの特徴の一つとして挙げられるのが極細麺であるということです。極細麺は一般的な麺よりも細い麺のことです。実際に博多ラーメン以外のラーメンにも使用されることがありますが、特にとんこつラーメンに採用されることが多い麺のタイプです。通常の麺に比べて細いため食べやすいと感じる人が多いので、女性の中には細麺が好みの人も少なくありません。

しかし、極細麺は通常の麺よりも伸びやすいので注意が必要です。そのため、大盛りという注文の仕方を採用しない店舗もあります。その理由は大盛りで提供すれば食べきる前に麺が伸びてしまう危険性があるからです。

博多ラーメンを提供するお店では、麺が伸びてしまわないように替え玉という形でボリュームを提供するところが多いです。替え玉とは初めに注文した博多ラーメンの麺を食べ終えたら更にその器に麺だけを追加するというシステムです。替え玉には当然その分の費用がかかりますが、麺が伸びてしまうことなく、美味しく食べきることで満腹感を得られる可能性があります。

お店によっても異なりますが、麺の硬さを選ぶことができる店舗もあります。例えば好みに合わせて硬めのものを選択することができたり、博多ラーメンの麺を柔らかめで提供してくれるラーメン店もあります。

参照リンク⇒博多ラーメン鶴亀堂~愛知県・名古屋のとんこつラーメン